新時代のヘルニア治療|PLDDなら日帰りも可能

相談

副作用の少ないがん治療法

病院

免疫細胞療法の1つ

近年、注目度が高まっているがん治療法に「免疫細胞療法」というものがあります。これは体内に生来備わっている免疫システムを利用してがんを治療しようという比較的新しい治療法です。免疫システムは、外からやってきた細菌やウイルスを認識して排除しますが、体内で増殖するがん細胞に対しても攻撃を行います。この攻撃力を強化することで、免疫システムの監視の目を潜り抜けたがん細胞を死滅させるというのが免疫細胞療法の仕組みです。手術のように患部を切除しないため臓器を残すことができ、自分自身の免疫細胞を用いるため副作用が少ないというメリットがあります。使用する細胞によって様々な種類がありますが、特定のがんを狙い撃ちする「樹状細胞療法」が特に期待されています。

特定のがんのみを攻撃

樹状細胞療法で用いられる樹状細胞は、がんを攻撃するリンパ球の司令塔を務める免疫システムで要となる細胞です。名前の通り木の枝のような突起を多数持っており、この樹状突起を用いてがん細胞やウイルスなど異常な細胞を取り込みます。取り込んだ細胞の特徴をリンパ球に教え、リンパ球ががん細胞やウイルスを直接攻撃します。この仕組みを利用したものが樹状細胞療法です。まず、患者の血液から樹状細胞の元になる単球を取り出し、人工的に樹状細胞に成長させます。この樹状細胞に目的とするがんの目印を与えることで、特定のがんの攻撃命令を与える司令塔となります。司令塔に育った樹状細胞を患者に戻すことで特定のがんを治療します。樹状細胞療法は特定のがんのみを狙うため、副作用が少ないとされています。また、がんを攻撃する免疫力を記憶するため効果が長持ちします。転移がんなどにも用いることができ、世界中で期待されているがん治療法です。