新時代のヘルニア治療|PLDDなら日帰りも可能

医者
カウンセリング

長期に渡る治療への取組み

世田谷区には人工透析を行う医療機関が複数あり、その他にも在宅で人工透析が受けられるなどの利便性に優れた医療サービスが普及しています。また、この地域には臨床経験が豊富な専門医も多く、この点からも安心して治療が受けられるのです。

病院

副作用の少ないがん治療法

樹状細胞療法は近年注目度が高まっている免疫細胞療法の1つです。異常な細胞を取り込み、リンパ球にその特徴を伝えるという樹状細胞の働きを強化した治療法で、特定のがんのみを狙い撃ちできます。そのため副作用が少ないとされ、効果も長持ちします。

新時代のヘルニア治療

看護師

日帰り手術もOK

椎間板ヘルニアは、軽症の場合は保存療法による改善が期待できますが、重症の場合は外科手術が必要となります。従来の手術法では、患部を切開してヘルニアを摘出するという方法がとられていました。この方法は身体への負担が大きく、入院とリハビリを合わせると腰椎なら2〜3週間、頸椎なら4〜6週間程度の加療が必要でした。これに対して、負担が軽くなるよう工夫されたのが内視鏡による手術です。これだと加療期間は症状にもよりますが1週間前後で済みます。そして最近では、さらに負担の軽減が図られた手術法が導入されています。それがPLDDです。PLDDは、レーザーを使った椎間板ヘルニアの治療技術です。原則1泊2日、最短なら日帰り治療も可能です。

全身麻酔の必要なし

PLDDはPercutaneous Laser Disk Decompressionの略で、日本語では経皮的レーザー椎間板髄核減圧術といいます。髄核とは、椎間板の中心部にあるやわらかい組織です。この髄核が周囲の骨の変性などによって外にはみ出し、神経を圧迫するのが椎間板ヘルニアの主原因です。PLDDでは、身体にごく小さな穴を穿って極細のレーザーファイバーを挿入し、髄核の一部を蒸散させます。すると椎間板内部に空洞が生じて圧力が低下し、はみ出した部分が引っこむのです。PLDDはすべての症例に適応するわけではありませんが、術後の経過が極めて良い治療法です。局所麻酔のみで対応することができ、術痕もほとんど目立ちません。

女性

早期発見が大切な病気

咳、血痰が発生し、熱が出たり体重が減ったりしている方は肺がんの可能性が高いです。これは初期の段階では自覚症状がないので、年2回は検診を受けるようにしましょう。特に喫煙者は検診を受けましょう。最も効果が高い治療法は、外科手術だと言われています。